はじめにお読み下さい

獣たちは踊るへようこそ。ここはオリジナルBL小説のブログです。
男性同士の性描写を含む作品や暴力、反社会的描写がございますので18歳未満の方の閲覧はご遠慮ください。

作品傾向 
主に年下攻め BLというよりML 非日常の世界観 成人同士のカプ
人狼など人外率多目 基本ハッピーエンド 

投稿サイトからお引越し中。
内容は変りませんが作品によってはかなり改稿しているので、
最新版となっているこのブログで読むほうがおススメです。いえ、ぜひ!
改稿済みといっても、こっそり修正が入ることがあるので笑って見逃してください。

全ての引越しがすみましたら、新作はこちらでの更新が最初になるかと。

何かありましたら各ページの拍手か、ここをクリックしてください。
メールフォームのページに飛びます。

基本へタレでチキンの貴腐人。暖かい目で見守っていただければ嬉しい限りです。
あとPC(クロームとIE)でしか確認できないので、表示の崩れ等があったらすみません。努力しますが修正ができるかは微妙。

2016/11/10 管理人@ムギ





各小説の目次は下記からタイトルクリックで 完結済みがピンク
年下攻め■ 攻めが年上なのは▲
攻めが年上と年下両方ある■▲

はブログオンリー、投稿サイト未発表の作品

サレンダーなんてするもんか 現代/ある意味バカップル
獣たちの幸せ 現代/人狼もの
あなたと猫と、そして俺 現代/猫になった男とツンデレの変則的なラブストーリー
深淵の獣は愛を請う 現代/軍人もの/人狼/翼を持つ者/人を超えた者たちの闘い
凪の先に 現代/ML/暗く重い愛を募らせた男の物語
嫁にはなりません 異世界/神父さんがアレコレされた挙句、絆される緩いお話
■▲死神たちは踊る 現代/ML/暗殺を生業にする男たちの物語/一棒一穴ではない注意
檻の中の王国 現代/ML/執着/兄弟に愛された男/真の加害者は誰か?
失くした恋を探して 現代/ML/執着/復讐/体からはじまる関係/刑事×検事

妄想の墓場 
小説以前のネタ格納庫。いつか小説に昇格したい。
ジワジワ増えていきます。ジャンルは色々。書き手の趣味爆発。
↑タイトルクリックで『妄想の墓場 ご案内』にGO!





NEW 2017/04/18 失くした恋を探して 第四話



2037-11-16 : はじめに :

更新予定とライトクズ

『失くした恋を探して 第五話』を
明日25日(火)朝の10時に更新します。興味のある方はぜひ。

R18シーンが入る回なのでご注意下さい。
R18は、ちゃっかり次回の六話にも続きます。無駄に長くてスミマセン。
ラブえっちって難しいですね。エロもパターン化しやすいし。
エロのバリエーションが豊富な方の、その才能が妬ましいムギです。

ところで、書き終わってから気がついた馬鹿なのですが、
一部のネタが、『あなたと猫と、そして俺』と被っていましたよ
ガ━━(゚Д゚;)━━ン!
自分の作品なのに、すっかり忘却の彼方だった!


ううっ。今さら面倒修正する時間もないので、このままGO。
両作品とも読んで頂いた有り難い方々。笑って下さい
連載が終了したら修正するかも。ダメダメな書き手です。
(↑引き出しの少なさが、また出ましたYO)

真摯に物書きに取り組んでいる方に蹴られるといいね!
さすがに↓のような結果が出るだけあるわ。


あなたの【バカ・アホ・クズ・変態・SM】度を過激に調べたー
◆ムギさん
【バカ度】:44%
【アホ度】:47%
【クズ度】:54%
【ゲス度】:68%
【変態度】:3%
【S or M】:S寄り
【称号】:負けず嫌いのクズ
https://shindanmaker.com/337058

負けず嫌いのクズでムッチリ・ボディーか。
嫌過ぎませんか?
でも結構当たっているから侮れません。 (*`・ω・)ゞデシ

クズとはいえ、ライトなクズだと思っているんですが。
イケメンお兄ちゃんたちの、汁気たっぷりなアレコレを妄想している私は、
「負けず嫌いの貴腐人属性、ライトクズはムッチリ・ボディー
うわ~。(;@_@) 並べてみると嫌な感じですね。

いつか真っ当な人間になりたいわ(せめて体重だけでも!)



ぽっちり押していただければ嬉しいです

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
にほんブログ村

小説(BL) ブログランキングへ
ここまでお読みいただき有難うございます。
ちょっぴり歪ですが |・ω・)ノ シュッ≡≡≡≡≡[]
関連記事
2017-04-24 : 未分類 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

変態王より性獣だ

週末の朝、いかがお過ごしでしょうか?

ムッチリボディーのくせに、お腹が弱いという矛盾を抱えている貴腐人です。
宿便を解消すると痩せるってのは嘘ですねぇ。

今週はずっと がお友達な私。
受けキャラの呪いで痔主になるのではと、お腹を壊すたびにビビっています。


との友人関係が続かなければ、
『失くした恋を探して 第五話』を
来週の(火)か(水)のどちらかで更新したいと思います。
R18シーンが入る回なのでご注意下さい。


今週はずっとお腹がレロレロで、推敲と校正を放り投げていました。
土日に気合を入れて、トイレとの関係も解消したい。

最悪の場合でも、来週中にはなんとか。
常習性のある狼少年なので、直前になったらまたお知らせに出没します。


いやらしさは微妙ですが、R18シーンが入るので頑張りました。
薄暗くならないように、甘くしたつもりですがエロさはどこかに逃亡した模様。
だから、もうちょっと手を銜えたい加えたい。

取りあえず、ギリギリまでファイトだ。(`・ω・´)9
この頑張りを仕事に生かせない、社会人失格の駄目人間です。
仕事好きじゃないんですよ~。ああ自宅警備員になりたい。


気分転換に、おなじみの診断メーカーにトライ。
久しぶりに、面白い診断が出ましたよ
あなたのスケベ度ランクで、w(゚ー゚;)wワオッ!な結果をいただきました。

仙 人╔╗
 天使╠╣
 妖精╠╣
 聖者╠╣
 賢者╠╣
 健全╠╣
══════
スケベ╠╣
 変態╠╣
ド変態╠╣
  獣╠╣
 性獣╠╣
変態王╚╝←ムギ

#スケベ度ランク
https://shindanmaker.com/643921


変態王より、性獣がよかったなあ。
なんか凄そうですよね性獣。変態王より淫靡な響きでときめくわ。
(ΦωΦ)フフフ……




ぽっちり押していただければ嬉しいです

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
にほんブログ村

小説(BL) ブログランキングへ
ここまでお読みいただき有難うございます。
ちょっぴり歪ですが |・ω・)ノ シュッ≡≡≡≡≡[]
関連記事
2017-04-22 : 未分類 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

失くした恋を探して 第四話

「検察でよろしいですね」

 単なる仕事相手に戻ったシュウの横顔は硬い。
 セダンのドアを開け、無言でシートベルトをする男に心の中で溜息を吐く。
 片道二十分。楽しい道のりではないようだ。



 助手席の俺は、ゆっくり流れる景色から端末に視線を戻した。

「事故渋滞みたいだな」

 ハンドルを握るシュウが肩をすくめる。
 ふと彼の腕に目がいった。袖からのぞく腕時計。
 地味なスーツに似合わぬ高価なものだ。分かり易い私服警官の印。

 あの晩は時計をしていただろうか。
 覚えているのは長い指に大きな手のひら。そして狂おしい熱ばかり。一夜の相手が、どんな服装をしていたかなんて記憶にない。
 仕事柄刑事は見分けられると自惚れていたが、俺の目も節穴だってことか。

「なにか?」

 俺の不躾な視線に気がついたらしい。

「私服警官が高い時計を身につけているのは、なめられないためって本当か」
「チンピラ連中は人の身なりで人間をランク付けしますから。みんな丈夫で、それなりの物を持っていると思いますよ」
「経費で落ちないのに、いい出費だ」

 苦笑を漏らし、シュウは顔を俺に向けた。

「あんたは、俺なんかより刑事に向いている」
「え…………」
「自分のことでは毛を逆立てた猫みたいに攻撃的で神経質なくせに、他人に対しては土足で踏み込んで根掘り葉掘り知りたがる。言葉の裏に何かあると、疑いの目で人を見るのは刑事の職業病だ」
「お前は、俺に恨みでもあるのか」

 渋滞に捕まって、ちっとも動かない車から飛び出したくなる。
 たった一回寝ただけの相手に、なんでここまで言われなきゃいけない。鼻の奥がつんとするのを無視すると、俺は隣に座る男を睨んだ。

「他人の目を気にしたことのないストレートには、俺の気持ちなんて分からない」
「エリートの自意識過剰と、ゲイの被害妄想が一緒になると厄介だ」
「淫乱で面倒な男とでも言えばいいさ」

 ヒステリックな台詞を軽くいなし、あの人に似た声でそっぽを向く俺を『アキ』と呼ぶからムカついた。 

「──────あんたは、凛と立っているべき人なんだ」

 怒りと情けなさに歪んだ顔を呆けさせたのは、伸ばされた手が頬をなでたからではない。俺を見つめる瞳が怖いほど真剣だったから。

 信号が変わり、シュウの意識が俺からそらされる。
 安堵しながらも、瞳の呪縛が解けたことを残念がる自分が信じられない。

「お前は、…………俺をいつから知っているんだ」

 答えてくれないと知りながら尋ねたのは、気まずい空気に耐えかねたせいだ。
 十数センチの距離なのに、シュウはとても遠いところにいる。



「社会正義や夢なんて、青臭いものを信じていた奴がいた」

 鋼のように硬く冷たい口調なのに、懐かしい何かに思いを馳せる横顔。
 返事なんて期待していなかった俺は、驚くより戸惑ってしまう。

「知っているよな、警察が徹底した階級社会だって」
「シュウ?」
「エリート面した、いけすかない奴の横暴は検察の非じゃない」

 キャリアのことかと尋ねれば、ハンドルを握る手に力がこもる。

「そいつに異を唱えた同僚を見下して、暴言を吐いていたんだ。ムカつく管理官を殴った俺を止め、かばってくれた物好きがいた。階級が下の、それもひよっこが上に逆らうなんて犯罪者扱いさ。味方なんていなかったから驚いた」
「物好きって俺か?」
「…………やっぱり覚えていないんだ」

 すまんと頭を下げる俺に、シュウが笑う。

「それでいい。あんたには『特別』でない、当たり前の行為だった。たまたま仲裁に入った奴のことなんて、覚えていないのが普通だ」
「悪い…………」

 シュウが地域課にどれだけいたかは定かではない。
 話しぶりからすれば、新人時代のようだ。俺が東京地検の立川支部から、こっちに配属されたばかりのころか。 

 当時の俺は厄介者扱いをされながら、刑事たちに混じって現場にいた。
 彼らにしたら迷惑な話で、上司に叱られたこともある。
 俺は若くて、シュウのいう青臭い情熱があったから越権行為も厭わなかった。書類だけでは真実は見えないなどと、口走っていたのは若さゆえだ。
 あの人に認めてもらいたいと、不純な動機も俺を後押ししていたと思う。


 殴ったというシュウの言葉に、俺の記憶は過去に跳ぶ。

 ある事件の容疑者として、補導歴のある二十歳の整備工が捜査線上にあがった。
 当初地域課巡査が、青年のアリバイを証言していたと記憶している。
 しかし同じ里親に育てられた身内同様の間柄ということで、彼の証言は無視された。家族のアリバイは信憑性を疑われるので、間違ってはいない。

 ただあの管理官は『いけすかない』というより大馬鹿だ。
 自白の強要に、物証も決め手に欠ける。これでは身柄の送検など無理だと撥ねつけたが、お前はどっちの味方なのかとかなり揉めた。
 確かに駆け出しで経験も浅い。だからといって、青年を犯人とする根拠の少なさに目を瞑れるわけがない。

 埒が明かない俺は、管理官に会うために署に足を運んだ。
 そこで例の巡査が、問題の人物に噛みついている場面に出くわした。
 驚きに目を丸くしていると、同僚を諌めていたはずの人間が管理官を殴り飛ばしたものだから止めに入った。

 あの時、殴った男がシュウだったのか。
 証言をした巡査を見下す言動は、確かに不快で腹立たしいものだった。
 暴力はまずいが、あれは管理官も悪い。

 鼻血を吹いて倒れた姿は覚えているが、正直巡査たちの顔までは記憶にない。
 制服姿の警察官は、こんな強烈な印象の男だったか?
 あいまいな記憶に俺は歯噛みする。


「羽田さんが昇進のことを言っていたが、あの件のせいなんだな」

 怒り狂っていた管理官を宥め、上の連中に取りなしたつもりだったのに。

 千葉に出向させられていたのも、あのせいかと俺はうつむいた。
 二年前は東京に戻っていたようだが、羽田さんの口ぶりでは落ち着く間もなく千葉に飛ばされたんだろう。下手をしたら千葉に行く以前も、出向や派遣という名目で地方を転々とさせられていたのかもしれない。

 出向先では余所者扱いだと、耳にしたことがある。
 警察は呆れるくらいの階級社会で、身内同士の結束も強い組織だ。
 上に逆らい目をつけられた人間の扱いは、想像するまでもない。飼い殺しという嫌な言葉が頭をよぎる。

「俺みたいな人間は、どこでもやっていける」

 俺の心の中は筒抜けなのか、そっけない台詞が返された。

「同僚は、今も出向扱いか」
「いや、…………何年も前に死んだ」

 驚きで息を呑む俺に、別に陰湿な嫌がらせで自殺した訳じゃないと苦笑する。

「俺のように出向させられることはなかった。その代わり、あんたの想像通りのことがあったのかと思う。だから余計に無理をして、仲間との信頼や絆を取り戻そうと頑張ったんだ」

 質の悪い病気の兆候があったのに、勤務優先の生活で倒れた時は手遅れだったという。酷い扱いを受けたとしても、警察の仕事に夢と誇りを持ち続けていた。
 しかし己の体調を二の次にする程、周囲の目は厳しかったということだ。

 記憶が確かなら、青年は容疑が晴れても工場には戻らなかった。
 あれは、首を切られたってことだ。彼らは人生を狂わされたのに、ちょっと取りなしただけで丸く収まったと思い込んでいた。

 あの人との恋愛に溺れていた俺は、シュウたちのことなんてすぐに忘れた。
 彼とベッドにいる時間を彼らのために使えたのではないか?
 俺は身の置き場のない羞恥と後悔で、顔をあげることもできない。

「ごめん。俺がもう少し心を砕いていれば…………」
「なんでアキが謝る。あんたと羽田さんぐらいだ。俺たちを気にかけてくれたのは」
 
 確かに警察内の揉め事や、工場の経営者にどうこう言える立場ではないが。
 


「…………ったく、こんな昔話は素面でするもんじゃないな。ここ数日上司の愚痴に付き合って朝まで飲んでいたんだ。今日は健康的に過そうと思っていたのに、肝臓を悪くしたらあんたのせいだ」

 シュウのつぶやきに、俺は強張っていた顔を緩めた。

「またあのバーに?」

 あからさまに嫌な顔をするシュウはなかなか面白い。

「腕のいいバーテンダーがいるし、シングルモルトの品揃えが凄い」
「もう行くかよ。男に内股をなでられるぐらいなら、居酒屋でビールを飲む」
「秋波をあんなに送られていたのに、平気な顔で飲んでいたじゃないか」
「あれは固まっていたんだ。あんな場所で気晴らしができるかよ」

 ぶるっと体を震わせると、黒くてカサカサと走る害虫を目にした女性みたいな顔をする。本気で嫌そうだ。
 あの夜とも違うし刑事でもない。どこか子供っぽい表情は悪くないなと思う。
 管理官を殴った巡査は、こんな顔の男だったのではないか?

 話している間に渋滞を抜けたのか、車窓の景色は瞬く間に流れていく。
 もう少し行けば交差点が見えてくる。そこを右に曲がれば検察はすぐだった。

「気晴らしをしたいのか?」

 何気なく口にした言葉は含みがあるように聞こえたかと、言ってから気がついた。
 似たような言葉でシュウを誘ったから、変に意識してしまう。
 
「色々言い過ぎた。アキが付き合う気があるなら『気晴らしは』はあんたとしたい」

 返ってきた言葉は、すとんと胸に落ちた。
 隣りに首をめぐらせ、ハンドルを握る男の横顔を見つめる。

「一度きりの遊びじゃないのか。『男』は懲りているかと思っていた」
「検事に『教え』を乞えと、言われていますから」
「真嶋巡査は、俺の『指導』なんて必要ないと思うが」

 おどけて答えた俺に、子供っぽい表情で笑っていた男は顔を引き締めた。

「右折でよろしいですか?」
「…………左だ。戻る気はなくなったから」


 喉に絡みつく声が、自分のものには思えない。

 背筋にぞくりと震えが走ったのは、肉体の渇望を満たす期待か、
 あるいは心に爪を立てる男への恐れか。
 不思議とそれは甘美なものに思えて、俺は細く長い息を吐き出し目を伏せた。





過去エピが長くなったので、
甘い(当社比)R18シーンは次回にずれました。


ぽっちり押していただければ嬉しいです

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
にほんブログ村

小説(BL) ブログランキングへ
ここまでお読みいただき有難うございます。
ちょっぴり歪ですが |・ω・)ノ シュッ≡≡≡≡≡[]
関連記事
2017-04-18 : 失くした恋を探して : コメント : 2 : トラックバック : 0 :

更新予定

ここのところいい陽気ですね。
ムッチリボディーのムギは、暑いぐらいで冬が懐かしい(もうかよ!)


さて、『失くした恋を探して 第四話』を
18日(火)朝の10時に予約投稿いたします。
興味のある方はぜひ。
今夜と明日の夜で推敲と校正を頑張ります。(`・ω・´)9ファイト!

今回、キャラの過去エピを四話に入れるか五話にするかで悩み、
何度消したり書いたりしたことか。笑えるほど筆が進みませんでした。

予定では四話の後半にR18が入るはずだったのになあ。
R18は五話に移動になりました。

辻褄が合わなくなるので、五話は書き直さないといけません。
ハシビロコウの速度でしか書けない私は、何度も構成を変えるのはキツイ。
書き直しばかりで心が折れました。(TωT)
最初からシッカリ構成を考えろってことですね

毎日更新している方って、全部書き終えてから投稿しているのかしら?
そんな事をしたら、私のブログは開店休業になってしまいます。
起承転結は頭にあるものの、文字に起こすこの苦痛。
妄想しているときが一番幸せなのかも。


ヘロヘロでしたが、
週末に国営放送のドラマ『四号警備』で萌えを補給。
バディものって大好きです。
もともとボディーガードものって好きなうえに、キャラたちもイイ味出している。
恋人を殺された元警察官の主人公と、年上のもっさりした相棒。
イイなー
一週間の楽しみができたわ~。




ぽっちり押していただければ嬉しいです

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
にほんブログ村

小説(BL) ブログランキングへ
ここまでお読みいただき有難うございます。
ちょっぴり歪ですが |・ω・)ノ シュッ≡≡≡≡≡[] 
関連記事
2017-04-16 : 未分類 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
ホーム  次のページ »

プロフィール

ムギ

Author:ムギ
主食が年下攻めの貴腐人。
成人男性同士のまぐわいを好む。
SFやアクションものなども好物。軍服など制服フェチ。
強く美しい受けと、可愛いワンコ系攻めが一番興奮できる体質。
投稿サイトではコムギ名義で書いておりますが、閑古鳥たちに愛されて困っています。
現在投稿サイトに載せていたものを改稿して移行中。
人狼ネタがオタクのライフワーク。

カテゴリーメニュー(小説一覧)

過去ログ

2037年 11月 【1件】
2017年 04月 【14件】
2017年 03月 【18件】
2017年 02月 【23件】
2017年 01月 【18件】
2016年 12月 【16件】
2016年 11月 【54件】

クリックして頂ければ励みになります

リンク

ブログ村ランキング

現在の閲覧者数: